MENU

起立性調節障害に効果的なサプリを紹介!薬を使わず治療!

起立性調節障害の原因や治療方法、効果的なサプリなどを紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

起立性調節障害とは?何が原因?

起立性調節障害とは思春期によくみられる自律神経失調症の一種です。
頭文字からODとも呼ばれます。

 

成長期は自律神経の調節が難しく乱れやすくなります。

 

この事から若年性の自律神経失調症とも言えます。血圧の調整がうまくため立ちくらみや疲れやすさといった症状があらわれます。

 

この事からもわかる通り起立性調節障害の原因としては心因性のものが多くあります。

 

現代はストレス社会とも言われますが、子どもも例外ではありません。

 

その中でも起立性調節障害になりやすい子どもは、もともと自分の気持ちを抑え込みやすいなどストレスを溜めこみやすい傾向があります。

 

またいじめとも深い関係があります。
いじめという大きな心理的ストレスで自律神経のバランスを大きく崩すと、起立性調節障害を発症したり悪化させたりします。

 

起立性調節障害は大人でも症状が出る?

起立性調節障害とは、思春期に見られる自律神経失調症の一つです。

 

朝起きなくて苦労したりしますが、周囲からは怠け者だとか甘えているなどと見られるため、当人や家族は心苦しいものです。

 

起立性調節障害と言えば、子どものもののようですが、大人にも見られます。

 

思春期に発症したものが治ってない場合や再発した場合が多いです。

 

学生時代には不登校などの原因になりますが、大人になってからも様々な障壁となります。

 

朝起きられないという症状もありますし、立っていると気分が悪くなり失神するなど、社会生活に影響が出てきます。

 

早めの治療が有効です。放っておけば、うつ病になることもあります。

 

不安があれば躊躇せずに、心療内科や循環器科を受診しましょう。

 

薬物療法や食事療法がありますが、自己管理をして規則正しい生活をすることが大切です。

 

起立性調節障害の治療方法

起立性調節障害は、自律神経の乱れによって起こるといわれています。

 

治療方法には薬の服用だけでなく、自分で出来る方法もあります。

 

起立性調節障害で朝起きられないという場合は、狂った体内時計を正常に戻すのに、日光が効果的です。

 

起きる時間に日光を浴びましょう。その場で起きられなくても、日光を浴びるのが大切になります。

 

起きている間に運動をするのも効果的です。

 

適度な疲労は夜に眠りやすくなります。

 

また、日光を浴びると、自律神経を整えるセロトニンが分泌されるので、日中に運動できる場合は積極的に行いましょう。

 

症状が重い場合は、薬による治療も併用していきます。

 

血圧を上昇させる薬が多いですが、その他にも心拍数を減らす、不整脈の改善といったものが処方されます。

 

起立性調節障害に効果的な漢方

起立性調節障害とは、何らかの原因で血圧が上がらず、朝起きることができない、めまいがする、ふらつく、身体がだるい、などの症状を引き起こす思春期に多い病気です。

 

身体の不調から学校への遅刻や不登校の原因になるケースがあります。

 

起立性調節障害の原因は、自律神経失調症とされています。

 

治療には、自律神経の乱れを整える作用のある漢方薬がよく用いられます。

 

漢方薬は副作用が少ないため、子供でも安心して服用することができます。

 

薬の他に、自律神経の乱れを整えるために、栄養バランスの取れた食事内容の指導など、これまでの食習慣の改善指導が行われることもあります。

 

他にも、整体やマッサージなどが、治療に取り入れらることもあります。

 

起立性調節障害の専門は小児科ですが、大人で起立性調節障害の症状のある方は、内科を受診してください。

 

起立性調節障害の症状の自己診断チェック項目

起立性調節障害とは、自律神経失調症の一つで朝起きられない、頭がいたい、立ちくらみがするなどの症状が現れます。

 

思春期に発症することが多いです。

 

大人でもこの病気がないとはいえません。

 

もしかしたら「起立性調節障害」かもと考えられる自己診断チェック項目を紹介します。

 

  1. 朝なかなか起きられない。
  2. 立ちくらみやめまいがする。
  3. 立ち上がったときや、立っていると気持ちが悪くなり、吐き気がしたり、倒れたりする。
  4. 午前中は調子が悪い
  5. 食欲がない
  6. 乗り物酔いをしやすい
  7. 体がだるく疲れやすい
  8. 少し歩いただけでも息切れする

 

これらの項目の3つ以上に当てはまっていると可能性があります。

 

上記のうち1番目の設問は特徴的な症状です。

 

夜の寝付きも悪ければ自己チェックを過信せず、一度お医者さんに相談するとよいでしょう。

 

【最後に】起立性調節障害に効果的なサプリはコレ!

起立性調節障害の症状がひどい場合には、病院で診てもらうことも大事です。

 

ただ、まだ症状がひどくない場合には、サプリメントなどで改善することもできます。

 

効果的と定評があるのが、「潤睡ハーブ」というサプリ。

 

睡眠をサポートするサプリメントで、ストレスを改善するような成分も入っているので、効果的に改善できることも多いです。

 

キャンペーンページで最安値で購入できますし、返金保証も付いているので、試してみる価値は大いにあります。

 

▼キャンペーンページはこちら【返金保証付き】▼

起立性調節障害